Cloud9が2021年LCSチャンピオンシップの敗者復活戦でGolden Guardiansを下し、Worldsへの期待を維持

Cloud9が2021年LCSチャンピオンシップの敗者復活戦でGolden Guardiansを下し、Worldsへの期待を維持 m2ge2 1 1

本日行われた2021年LCSチャンピオンシップの下位トーナメントで、League of LegendsはGolden Guardiansを倒し、Cloud9の5人のメンバーは明らかにシャープになった。

目の前にいる人にしか勝てないと言われますが、Cloud9はその通りでした。

「目の前にいる相手にしか勝てない」という言葉がありますが、Cloud9はその通りの結果を出しました。先週末のTeam Liquidとの対戦では失速したように見えましたが、明らかに劣勢のGolden Guardiansを破ったからといって、LCSの覇者がピークフォームに戻るとは限りません。しかし、チームのすべての選手が、最高レベルの自分に見えた瞬間があり、それこそが起こるべきことだったのです。

「ミッドレーナーのPerkzは、シリーズ終了後、LCSアナリストであるデスク・ホストのJames Dash Pattersonに、Liquidの敗北について「みんな少し頭がおかしくなっていたと言ってもいいだろう。

Cloud9は、Golden Guardiansとの対戦では、ドラフトの柔軟性を十分に発揮しました。Blaber氏が得意とするOlafが禁止されていたため、彼はプロでの存在感が増し、MVPに輝いた彼のお気に入りのチャンピオンと非常によく似た機能を持つTrundleを選びました。

サポートのVulcanと共に、Perkzと他のレーナーがゲーム後半にスケールするための快適なポジションを取るために使用しました。第1ゲームでは、Cloud9が相手をボーダーライン上でスピードランしたため、ゲーム終盤は訪れず、22分のBaronを獲得し、25分強で13-1の勝利を収めました。

ヴァルカンのローミング・スレッシュ・プレイは、まさに世界最高のサポートがマクロレベルで真似しようとするものです。しかし、彼のミクロはプレイメーカーの上では相変わらず鮮明で、次々とフックを打ち込み、構成員のアイデンティティに合わせてチーム戦を指揮していました。Braumのような防御的なサポートであっても、カナダのサポートは、第2試合でGolden Guardiansのダイブを多用する構成に対して、重要な試合で忍耐力と正確さを発揮し、輝きを放っていました。

第2戦と第3戦は、Cloud9の一方的な勝利という点では同じように見えましたが、ゲーム中盤のチーム戦でゲームを切り開くことができたのは、Blaberによる初期のドラゴンコントロールがあったからです。このチームはソロレーンでの爆発的なプレイで知られているわけではありませんが、特に先週のLiquid戦では後手に回ってしまったため、世界大会に向けてさらなる飛躍を目指すCloud9にとって、相手を打ち負かすことができるかどうかが注目されます。

Golden Guardiansのミッドレーナー、Nicholas Antonio Ablazeolive Abbott選手は、チームのハイライトとなり、ルーキー・オブ・ザ・イヤー投票で2位になった理由を再び証明しました。第1戦で緊張したことを除けば、Perkzという史上最強のプレイヤーを前にしても怯む様子はありませんでした。また、自分の思い通りにならない時でも、Ablazeoliveはファームで互角に戦い、コントロール可能なものに集中しました。チーム戦では優れたShockwaveを使い、ウェーブを管理することで出血を抑え、Cloud9が確保したリードを雪だるま式に広げてしまうのを防ぎました。

Cloud9は、土曜日に行われる100 ThievesとEvil Geniusesの試合の敗者と、8月19日に行われる敗者復活戦の次のラウンドで対戦します。

読む  ナズ・アレッタハがRiot社のLeague of Legends esportsのグローバルヘッドに昇格