Cloud9の2021年LCSサマースプリットのプレーオフシリーズ対TSMがピーク時の30万9000人の視聴者数を記録

Cloud9の2021年LCSサマースプリットのプレーオフシリーズ対TSMがピーク時の30万9000人の視聴者数を記録 mNGdcZrB 1 1

この週末、Cloud9とTSMはジェットコースターのようなシリーズを戦いました。北米の伝説的な2つのLeague of Legendsチームが、2021年の世界選手権におけるLCSの最終出場権をかけて戦いました。Esports Chartsによると、古典的なタイタンの衝突が続き、ピーク時には309,000人を超える視聴者がチャンネルを合わせました。

LCSの「エル・クラシコ」と呼ばれるこの対戦は、両チームがSummoner’s Riftに最初の一歩を踏み出したことで期待を裏切らないものとなりました。最終的には、C9が3-2で勝利しました。

このシリーズは、2021年LCSサマースプリットの視聴者数の記録を大幅に更新し、C9の第1週目のTeam Liquid戦のピーク時の視聴者数は26万2000人でした。意外なことに、3番目に高いピーク視聴率を記録したのは、FlyQuestの第1週のEvil Geniuses戦で、ピーク視聴率は256,000でした。

しかし、他の主要地域と比較すると、LCSのピーク視聴率はかなり低いものとなっています。例えばヨーロッパでは、Fnaticが今週末に行ったG2 Esportsとの電撃5連戦は、ピーク時に84万3000人もの視聴者を集めました。また、LCKでは、T1がGen.Gと対戦した準決勝シリーズのピーク時の視聴者数は90万6901人でした。

視聴率の大きな違いは、LCSが他のリーグに比べて放送される時間にも起因しています。LECは北米のファンが視聴できる時間帯に生中継されていますが、LCSの放送はヨーロッパのファンが視聴できる遅い時間帯にしか行われていません。これはNAの数字に大きな影響を与える可能性があります。というのも、ヨーロッパのリーグファンは、特に自分の地域の試合を見たばかりの場合、それほど遅くまで起きていたいとは思わないからです。

幸いなことに、LCSチャンピオンシップにはまだいくつかのエキサイティングな試合が残っているので、NAが他の地域の視聴者に追いつくことができるかもしれません。まず、C9は100 Thievesと対戦し、どちらのチームが決勝戦でLiquidに挑むかを決定します。LCS Worldsの代表はすべて決まっているので、あとはLCSのトロフィーがかかっているだけです。

8月28日(土)に開催されるLCSチャンピオンシップでは、すべてのアクションを見ることができます。

読む  Mirbit、IEM Fall EuropeでEndpointの代役を務める