Envyは100Tに対してEl Diabloを召喚し、VCT Masters BerlinグランドファイナルのGambit戦への出場権を獲得しました。

Envyは100Tに対してEl Diabloを召喚し、VCT Masters TyzOG 1 1

Envyは El Diablo の活躍により、北米でのVALORANTの悪魔を退治しました。

「Envy」は「Jaccob yay Whiteaker」の素晴らしいシリーズにより、「100 Thieves」に2-0で勝利し、「VCT Masters Three Berlin」のグランドファイナルで「Gambit」と対戦することになりました。

100TはHavenで先手を打ち、ピストルラウンドを制し、Envyのアグレッシブな2ラウンド目のバイイングを罰しました。第4ラウンドに入ってもまだSMGが主流で、それでもヒコのおかげでボーナスを獲得しかけていました。エンビーは優れた読みとガンビット流の潜伏でマップに戻ってきた。5ラウンド連続で獲得して100Tのタイムアウトを促し、新たに加わったyayさんとMarvedさんの大活躍でリードを広げていきました。Envyは9ラウンド連続で勝利し、9-3のリードでハーフタイムを迎えました。このときのキル数は20で、yayのデスはわずか4でした。

Envyは100Tの最初のバイの前に、ディフェンス側の最初の2ラウンドを取り、リードを広げ続けました。その間にsteelが大きな4kを出し、100Tに生命線を与えました。その後、Yay氏の大量のラウンドがその命脈を断ち切り、クラッチマスターであるHiko氏との1vs1で、13対5でEnvy社がマップを終了しました。Yay氏は、9回の死闘の末、31キルという驚異的な数字を残しました。

Ascentでは、100Tがきれいなピストル攻撃を行い、Bではsteelが音を立てて残りのEnvyをAから引き離しました。両チームとも、前半はAサイトをめぐって何度も何度も戦い、一進一退の攻防が続きましたが、yayの素晴らしいOpプレイにより、Envyが7-5と僅差でリードしました。

Aサイトでの素晴らしいテイクとポストプラントでの印象的なホールドによりEnvyのリードは拡大し、Marvedのビッグトリプルが決まり、ボーナスラウンドではEnvyが勝利し、100Tシートの下で熱戦が繰り広げられました。11-5で迎えた大規模なガン・ラウンドでは、ビクターがヒコとの1対1でクラッチ・ウィンを決め、100Tの心に効果的にダガーを突き刺しました。100Tはいくつかのラウンドで挽回しましたが、21ラウンド目には決定的なキルを逃してしまいました。第2マップは13-8でEnvyが勝利し、シリーズは2-0で終了しました。

今回のシリーズでは、「yay」と同様に、「Envy」のメンバー全員が両マップで活躍しました。EnvyはVCTで最も苦戦した北米の2チームを2日連続で撃破しました。EnvyはNAステージ3で両チームと2回対戦し、4戦全敗でしたが、ベルリンの大舞台では2-0で連勝しました。そして今回、準決勝でG2を相手に圧倒的な強さを見せつけたばかりのGambitという最後の試練を迎えることになったのです。

EnvyはVCTの総得点で100Tを上回り、NAの2位を確保したことで、チャンピオンの座を獲得しました。100Tは今、チームEnvyを応援しています。なぜなら、彼らがGambitに勝つことで、100Tのチャンピオンズへの出場が保証されるからです。

読む  505 Games、「Bloodstained: Ritual of the Night」の続編を発表