Epic Games、アップル社の訴訟の判決を不服として控訴

Epic Games、アップル社の訴訟の判決を不服として控訴 bOVKZe5SO 1 1

Epic Gamesは、9月10日に出されたAppleに対する訴訟の最終判決に対して、昨日控訴を行いました。

昨日提出された書類には、Epic Gamesが高等裁判所に再審を求め、当初の判決を覆す可能性があるという計画が記されていました。

昨日提出された申請書には、Epicが高等裁判所に再審理を求め、当初の判決を覆す可能性があることが記載されていました。

9 月 10 日に判決が読み上げられた際、カリフォルニア州北部地区連邦地方裁判所の Yvonne Gonzalez-Rogers 裁判官は、185 ページに及ぶ終局的な差し止め命令を出しました。この命令は、Apple が独占的であるという Epic の主張を肯定するものではありませんが、同社が行っていた反競争的な行為を強調するものでした。

この問題を解決するために、裁判所は、アップル社は開発者が自分のアプリ内でサードパーティの購入方法を提供できるようにしなければならないという判決を下しました。現在では恒久的なものとなっていますが、Appleはこのシステムに移行し始めており、最近では、Netflix、Spotify、Kindleなどの一部のアプリが2022年から外部の購入ページにリンクすることを認めていました。

判決後、サードパーティの支払い方法が恒久的なものになったにもかかわらず、Epic社のCEOであり創業者でもあるTim Sweeney氏は、ソーシャルメディアで「損失」について語り、「ソフトウェアにおける開発者と消費者の真の自由、そして各モバイルプラットフォームのソフトウェアコンポーネントにおける公正な競争」が実現するまで戦い続けると述べました。

Epic社のApple社に対する訴訟は、2020年8月にFortniteがApple社の支払い方法ではなく、Epic社独自のシステムでアプリ内購入を提供し始めたことで、開発者アカウントが取り消されたことから始まりました。購入はアプリの外で処理されるため、Appleは30%のストアフィーを受け取らないことになります。

今回の判決を受けて Epic は控訴に踏み切りましたが、1 年以上にもわたって繰り広げられてきたこの 2 つのテクノロジー企業の戦いは、まだ終わりではないのかもしれません。

読む  BORUTO」第60章の公開日、ネタバレあり。川木はナルトを救えるか?