FacebookはCovid-19研究所のリーク説を削除しない

FacebookはCovid19研究所のリーク説を削除しない OpWuDJyP 1 1

フェイスブックは、ジョー・バイデン米国大統領が表向きの「ラボリーク仮説」を問うために情報機関を訪問したことを受けて、プラットフォーム上でCovid-19が人為的に作られたものかラボで作られたものかを主張する投稿の禁止を解除すると発表。

ソーシャルメディアネットワークのトップであるFacebookは、「ラボリーク」説への関心が再燃していることを受けて、最近のCovid-19ウイルスの発生が人間によるものであるかのような投稿を禁止するよう提起しました。

ソーシャルネットワークは、この最新のポリシーは、起源についてのオープンな調査を考慮したものだと述べています。

2月に Facebook は、「コロナウイルスとワクチンに関するより多くの架空の情報を排除する」ことを目的とした包括的なポリシーの更新の中で、このアプリケーションを正確かつ明確に禁止しました。

当時、同社は公式声明の中で、世界保健機関(WHO)を含む著名な医療機関との協議を経て、コロナウイルスとワクチンに関するさらに解明された主張を含めて、削除する虚偽の主張のリストを拡大したと述べています。

ソーシャルメディアでの誤報

Covid-19の普及が人工的に作られたものであると主張する投稿は、他の人の目に触れないように削除または制限されることになったかもしれません。さらに、その主張を繰り返し共有すると、サイト全体がタブーになってしまう可能性もありました。

水曜日、同社は、Covid-19の起源に関する調査を行い、公衆衛生当局と協議した結果、Covid-19が人工的に作られたものであるという主張をアプリケーションから排除することはなくなったと発表しました。

また、大規模なアウトブレイクの進化する性質と同じ速度で進行するために、保健の専門家との連携を進めており、新しい事実や傾向が生じた場合には常に方針を更新しています。

ソーシャルメディアへの投稿の解禁 Covid-19とワクチン

新聞によると、武漢ウイルス学研究所の3人のスタッフが2019年11月にインフルエンザのような症状で看病した後であるという。

この報道については、間接的な証言や憶測に頼っている点を指摘する声もあります。

Facebookは、1つのルールの違いが、Covidの偽りの噂のためのフリーフォールにつながらないことを保証することに関心があります。人工的に作られた Covid-19 の研究室リーク説を禁止したのと同じ日に、Facebook で頻繁にデマを共有するユーザーに対する制約を制度化しました。

間違っていると判断されたコンテンツを頻繁にシェアしているFacebookユーザーは、間違っていると判断されていないものも含めて、すべての投稿が抑制されることになります。

さらに、誤った情報を共有し続けているFBページに「いいね!」を押したユーザーには、投稿記録を知らせるポップアップが表示されるようになりました。

また、Facebook社は声明の中で、コヴィド-19のパンデミックやワクチン、環境変化などに関する偽りのコンテンツであろうと、アプリ上で偽りのデータを見る人が少なくなるように適合させていると述べています。

同社は今年、偽りの噂を広めた人たちへの対応に失敗したと批判されています。

読む  WhatsApp、iOSとAndroid間のチャット転送機能をSamsung Unpackedイベントで発表