HUNDEN、コーチングバグ疑惑でHEROICの元チームメイトを示唆する証拠を公開

HUNDEN、コーチングバグ疑惑でHEROICの元チームメイトを示唆する証拠を公開 QPti389B 1 1

Nicolai HUNDEN Petersen は本日、デンマークのテレビ局 TV2.dk に、Heroic のチームメイトの何人かは彼がコーチの観戦バグを悪用していたことを知っていたという彼の最近の主張を裏付けるような証拠を提示しました。これにより、彼は 2020 年に他の 36 人の CS:GO コーチと共に追放されました。

TV2.dkが入手した証拠の一部には、HUNDENとNikolaj niko との会話が含まれています。 HUNDENとNikolaj niko Kristensen(2020年のHeroicのメンバーで、現在はOGでプレーしています)との会話です。この会話の中で、nikoは、コーチがゲーム内カメラをマップ上の任意の場所に設置できるバグを利用して、HUNDENが不当な利益を得ていることを、すべてのプレイヤーが知っていたと述べています。

「チームのみんなが知っていました」とnikoさん。「最初はそうじゃなかったかもしれない。でも、その後。誰もが知っていました。

もう一つの証拠は、2020年5月にHUNDENがコーチングバグを悪用した2つの試合のうち、2つ目の試合のサーバーログです。そのログには、René TeSeS さんが写っていると言われています。 現在もHeroicでプレイしているMadsenが、Home Sweet Home FiveでのTeam Spirit戦でHUNDENがカメラを置いた位置に行くのを手伝っていたとされています。HUNDEN氏はその試合で12ラウンドの間、Dust IIのミッドに座っていました。

HUNDEN選手がHeroicでバグを悪用していた当時、デンマークチームは、TeSeS選手、niko選手、Casper cadiaN Møller選手、Martin stavn Lund, Johannes b0RUP. Borupです。後者は現在MAD Lionsでプレイしていますが、cadiaNとstavnはTeSeSと一緒にHeroicの一員として活動しています。

HUNDEN氏がTV2.dkに語ったところによると、これらすべての証拠と彼が持っている余分な資料は、Esports Integrity Commission(ESIC)に提出されました。ESICは、コーチの観戦バグを悪用したことで彼を追放し、最近では、7月のIEMケルンの前にHeroicのストラトブックを他のチームと共有しようとしたことで、さらに2年間の追放処分としました。

HUNDEN氏はTV2.dkに「なぜ今このようなことを言い出したかというと、真実を明らかにする時が来たからです」と語りました。捕まった当時、30歳の彼は、自分は単独で行動し、選手たちは気付いていなかったと語っていました。また、ESICは最近、HUNDENが主張していた証拠品を提示されなかったことを明らかにした。nikoもTeSeSもTV2.dkのコメントを求めたところ、答えてくれませんでした。

しかし、HEROICのCEOであるJoachim Haraldsen氏は、組織を代表してTV2.dkの取材に応じました。「彼がコーチをしてきたすべての少年たちに対するHUNDENの攻撃には、正直言ってうんざりしています。「彼は成長し、自分のしたことに責任を持つべきだと思います」。

Haraldsen氏は、HUNDEN社はESICに証拠を提出しておらず、HEROIC社は独自の資料を提供することで調査を助けることができると主張しています。

Haraldsen氏は、HUNDEN社がESICに証拠を提出していないこと、HEROIC社が独自の資料を提供することで調査に協力できることを主張しています。「しかし、文脈のない孤立した情報の断片だけに基づいて、誰か が 何か を知っていたという告発については、もはや公の場で議論したくありません。「これは何かを証明したり反証したりする方法ではありません」。

証拠が公開された以上、ESICがそれを検証し、情報が正しいかどうかを判断することになります。もしそうであれば、Heroicとバグを認識していたすべてのプレイヤーに結果がもたらされることは間違いなく、Valveが停止措置を取ることになるでしょう。

読む  リーグの選手がARAMゲームで3秒以内にペンタキルを確保