ICCTの研究では、EVに関する環境関連の神話を否定しています。

ICCTの研究では、EVに関する環境関連の神話を否定しています。 UrckrZg 1 1

最新のニュースによると、電気自動車に関する10年来の神話のひとつである「電気自動車は内燃機関の自動車よりもクリーンではない」という事実を、新しい研究が覆そうとしています。この研究では、電気自動車を作るために必要な材料を掘り起こすところから、最終的に車を休ませるところまでの一連の流れの中で、電気自動車が排出する温室効果ガスの量は、ガス自動車に比べて同等に少ないことがわかりました。興味深いことに、この分析結果は、ヨーロッパや発展途上国で分析されたものであるかどうかにかかわらず、世界的に当てはまります。

化石燃料が気候危機を引き起こしていることから、カリフォルニア州から欧州連合までの各国政府は、2035年までに内燃機関を廃止することを提案していますが、それでもなお、電気自動車は今走っている車と同じくらいクリーンだと主張する人たちがいます。

非営利研究団体ICCT(International Council on Clean Transportation)の研究員であるGeorg Bieker氏は、「自動車業界の一部からは、電気の生産やバッテリーの生産を考慮すると、電気自動車はそれほど良くないというロビー活動が行われています。私たちはこれを調べて、これらの議論が真実かどうかを確認したいと思いました。 ICCTは私たちが話しているレポートを発表しました。

このレポートでは、インド、中国、アメリカ、ヨーロッパなどのさまざまな地域で、2021年に登録される中型EVの排出量を推定しました。その結果、欧州のEVの生涯排出量は、ガソリン車に比べて66〜69%低いことがわかりました。米国では60〜68%、中国では37〜45%、インドでは19〜34%となっています。

この研究では、評価に移る前にいくつかの重要な前提を置いています。そのいくつかの前提とは、2021年に車両が登録され、その車両が約18年間路上を走行するというものです。

結論の部分では、世界のエネルギーインフラがどの程度変化するかを予測することは、研究者にとって困難であることを認めています。この研究では、そのような困難な状況についていくつか言及しています。米国では、ジョー・バイデン大統領が2035年までにクリーンな電力を100%供給するという目標を掲げていますが、そのための政策はまだ成立していません。

なお、この研究では、建設時、採掘時、廃棄時など、プロセスに関わる気候変動以外の環境影響は考慮されていません。

ビーカー氏は、今回の研究により、政策立案者が将来の交通政策を策定する際に、より多くの情報に基づいた決定を下すことができると考えています。ビーカーは、「どんな種類の内燃機関自動車でも、気候変動と共存するために必要な温室効果ガスの削減を実現することはできません。これは世界的な知見であり、したがって、世界的に内燃機関自動車を廃止する必要があります」と述べています。

読む  iOS 15: WWDCの前に知っておくべきことすべて