iPhone 13の次世代プロセッサ「A15」がTSMCで生産開始

iPhone 13の次世代プロセッサ「A15」がTSMCで生産開始 VIL0Je 1 1

A14 Bionicチップと比較して、A15 BionicチップはAppleのパフォーマンスと電力効率を向上させます。

Appleは、次世代iPhone 13のために全く新しいチップを用意しており、Appleによれば、電力効率とパフォーマンスが全体的に向上するとのことです。そして今回、そのチップが量産されることになったようです-関係者はそう主張しています。

Supply chainの最近のレポートによると、Appleが設計した新しいA15 Bionicプロセッサが台湾の半導体製造会社(TSMC)で生産されているため、今年のiPhoneは遅延が発生しないだろうとのことです。

iPhone 12」、「iPhone 12 Pro」、「iPhone 12 Pro Max」、「iPhone 12 small」の4つの新モデルを搭載した「iPhone 12」シリーズのデビューは、「COVID-19パンデミック」の影響で何ヶ月もかかってしまいました。今年のiPhone 13シリーズでは、そのようなことはないという朗報があります。

もしこの噂が本当なら、Appleは今年の9月にiPhone 13の公式発表を行うとされるコースを進んでいるかのように見えますが、これは遅れていた(問題を抱えていた)iPhone 12の発売に比べれば、比較的早い時期です。

Apple A15 Bionic

A15 Bionicは、最初のA14のように見えます。A15 Bionic では、IPC が向上し、この 2 つのチップは 5nm プロセスを使用して作られた最初の口径となることが期待されています。

技術に詳しくない人のために説明すると、TSMCとAppleは、「強化された」5nm製造プロセスにより、さらに多くのトランジスタをより小さな部屋に引き裂くことができます。これにより、基本的にはデスクトップCPUの性能と電力効率が向上します。

A15はまだ正式に確認されていませんが、A14のファンは、より優れたパフォーマンスと本物の次世代iPhone 13の体験を期待することができます。このチップは、いくつかの試算では、最新のAndroid携帯よりもはるかに高いパフォーマンスレベルを持っています。

MacWorldによると、Geekbench 5のシングルコアのスコアが1800ポイントを超えると、Bionicの理論上の性能を介して達成できるとのことです。これは、ほとんどのハイエンド Android 携帯に搭載されている Snapdragon 888 と比較しても、半分もありません。

What’s The News on the iPhone 13

報道された情報筋によると、Appleは次のiPhone 13シリーズで、iPhone 13の小型版、iPhone 13、iPhone 13 Pro、またはiPhone 13 Pro Maxの4つの新製品を発表すると予想しています。iPhone 13については、これまで多くの議論がなされてきました。

また、iPhone 13 miniの画面は5.4インチと小さく、iPhone 13、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Proは画面が大幅に大きくなるという情報もあります。ミニとiPhoneではリフレッシュレートが設定されているはずですが、Pro版では120Hzの調整可能なレートが採用されています。

また、ベーシックなiPhone 13 Proは、iPhone 12 Pro Maxのセンサーシフト技術を継承し、さらにズームカメラで2.5倍の写真がアップグレードされ、Proラインにカメラのパリティを回復させる動きがあります。

iPhone 13とiPhone 13 Pro、そしてApple Watch Series 7の発売は、9月の前半になると予想されます。

読む  マイクロソフトは、10月5日にWindows 11を発表します。