KT Rolsterが韓国代表として「Wild Rift World Championship 2021」に出場

KT Rolsterが韓国代表として「Wild Rift World Championship 2021」に出場 Tte349 1 1

KT Rolsterは、League of Legends: 決勝戦ではBreak Frame Gamingに4-0で圧勝し、Wild Rift World Championship 2021への出場権を獲得しました。

LCKにも参戦している同団体は、League of Legends World Championshipへの出場権は得られなかったものの、モバイルゲームの世界的な舞台で戦うことになります。第1回Wild Rift World Championship 2021は、世界中から10チームを集めて今年の後半に行われます。KT Rolsterは、このイベントに参加する唯一の韓国チームとなります。

WCKは、LCKで使用された会場と同じ、韓国・ソウルのLoL Parkで行われました。WCKはLCKと同じ韓国・ソウルのLoL Parkで開催され、招待選手3名と予選通過選手5名の計8チームが、世界大会への出場権と賞金総額8,000万韓国ウォン(約67,680ドル)をかけて戦いました。

KT Rolsterは、1試合も落とさずに勝ち進みました。Break Frame Gaming」、「Let’s Go to Mars」、「Baby is 87」を破ってグループ1位となり、プレーオフに進出して「T1」と対戦しました。T1を3-0で下し、Brake Frame Gamingとの決勝戦に臨みましたが、Brake Frame Gamingも連戦連勝で4-0のスコアで勝利しました。

KT Rolsterは、Wild Riftにとって初めての世界大会に向けて、大きな期待を背負っています。韓国は、League on PCの世界大会で非常に大きな成功を収めている地域です。2013年の開催以来、韓国のチームは6回も優勝しています。

読む  ニンジャガイデン マスターコレクション」、PCの移植が悪いと批判される