Lothar氏、VALORANTではNAがEUより「先行」していると語る

Lothar氏、VALORANTではNAがEUより「先行」していると語る iFKAr 1 1

ヤクブ・ローサー・ジグルスキーは、VCTマスターズ・ベルリン大会でヨーロッパが北米に勝つために必要なものを持っているとは確信していません。VALORANTのアナリストでありエキスパートである彼は、最近の試合後のセグメントで、NAがEUよりも「先」に進んでいると述べています。

「ゲームへの取り組み方を見ていると、NAチームはゲームの進行状況を実際に理解しているように思えます」と彼は言います。「

「試合への取り組み方を見ていると、NAチームは試合の進行状況を理解しているようですね。

NAが攻撃面を重視していることが、この地域の強みになっています。例えば、「100人の泥棒たち」は、EUよりもKAY/Oの使い方を「少しだけ」理解しています。Lothar氏によると、このエージェントのおかげで、Joshua steel Nissanは、ゲームへのアプローチに関して「より自由」になることができるそうです。

EUやその他のEMEAで頻繁にピックされ続けているKilljoyとは対照的に、6月22日にリリースされたKAY/Oは、NAチームが勢いを維持し、攻撃性のあるサイトを実行するのに役立ちます。

前回、両地域が対戦したときも、同じような状況でした。NAのSentinelsはアグレッシブなプレイスタイルを武器にMasters Reykjavíkを制覇しました。一方、EUのFnaticは、守備的なポストプラント戦略に苦戦していました。

もしEUがこのメタに適応できなければ、Masters BerlinはReykjavíkの二の舞になるかもしれません。パッチ3.0の経済への大規模な変更により、ゲームは最高レベルで攻撃側に有利な状況が続いています。

VCT Masters Berlinは9月9日に開幕し、Reykjavíkとは対照的に、世界各国から16チームが参加します。EMEA、NA、ブラジル、東南アジア、韓国、日本、ラテンアメリカが参加します。

読む  2021年LCOスプリット2で試合を引き延ばしたChiefsに「スポーツマンシップに反する行為」で罰金を科す