LyftとUberがドライバーのための救済措置を発表、中絶を求める女性のための救済基金を設置

LyftとUberがドライバーのための救済措置を発表、中絶を求める女性のための救済基金を設置 fc8ebw6wL 1 1

最新のニュースによると、LyftとUberはそれぞれのプラットフォーム上で、テキサス州で物議を醸している妊娠中絶禁止法に基づいて訴えられたドライバーのために、弁護士費用を支払うことを約束しているそうです。今週、テキサス州のグレッグ・アボット知事によって、このいわゆる法律が署名されました。この法律は、妊娠6週目以降の胎児の中絶を禁止し、強姦や近親相姦などの例外を認めないものです。

この法律は、6週間を過ぎた胎児の中絶を「幇助」したとして、全国の民間人に訴訟を起こす権限を与えています。これには、クリニック、中絶費用を支払った人、中絶手術のために車を運転した人などが含まれます。

Lyftの共同創業者兼CEOであるローガン・グリーン氏は、金曜日の午後、「これは、女性の医療へのアクセスと、女性の選択権に対する攻撃だ」とツイートしました。グリーン氏によると、Lyftは「ドライバー法的防衛基金」を設立し、新法に基づいてプラットフォーム上のドライバーが訴えられた場合、弁護士費用の100%を負担するという。また、グリーンは、LyftがPlanned Parenthood社に100万ドルを寄付し、交通手段がヘルスケアへのアクセスを妨げることがないようにする と述べています。

Lyftの発表の後、UberのCEOであるDara Khosrowshahi氏は、自社も追随することをツイートで発表しました。ダラは、「ドライバーは、人々を行きたいところに連れて行くためにリスクを負うべきではない」と書いています。ダラはグリーンのツイートを引用し、「Uberも同じように弁護士費用をカバーする」と投稿しました。押してくれてありがとう。

UberとLyftがこれらを発表したのは、BumbleとMatch Groupが中絶を求める女性のための救済基金の設立を発表した後でした。Match Group社のCEOであるShar Dubey氏は、社内メモで「一般的に、当社のビジネスに関連しない限り、政治的立場を取ることはありません。しかし今回は、テキサス州の女性として、個人的には黙っていられませんでした」と社内メモで述べています。

読む  POCO F3 GTは7月23日に発売、120HzのリフレッシュレートとAMOLEDディスプレイがポイント