MKLeoがTweekに3-1で勝利し、「大乱闘スマッシュブラザーズUltimate at Riptide」を制覇。

MKLeoがTweekに31で勝利し、「大乱闘スマッシュブラザーズUltimate at Riptide」を制覇。 wVcbWjKt5 1 1

大乱闘スマッシュブラザーズUltimate Majorのグランドファイナルで、MKLeoとTweekが2週間ぶりに対戦し、Riptideに集まった観客は、トッププレイヤーが3-1で勝利して王座を取り戻しました。

アルティメットでは、スマッシュブラザーズがゆっくりと対人戦に戻ってきたこともあり、1,000人以上の参加者がいる非常に豪華なラインナップとなりました。

スマッシュが個人プレイに戻ってきたこともあり、アルティメットには1000人以上の参加者が集まり、序盤にいくつかの波乱があったものの、最初から最後まで大盛り上がりでした。

予想通り、LeoとTweekの2人はプールを素早く片付け、無敗のまま本選に臨み、それぞれバイラスとディディーコングをプレイしました。

2人はまず勝者の決勝戦で対戦し、Tweek選手が2-0でリードして、再び世界のトッププレイヤーを圧倒する可能性があると思われました。しかし、レオは逆にスイープしてセットを終わらせただけでなく、終盤の各ゲームで2ストック以上をキープしながらスイープし、3ストックでの勝利を収めました。

PGstatsによると、この勝利により、レオは0-2で敗れたベストオブファイブセットで7勝13敗という歴代最高記録を達成し、勝率は54%となりました。

Tweekが僕に対して2-0で勝っているということは、危険を意味しているんだ レオはPGstatsにそう語った。つまり、文字通り誰にとっても僕は3(勝)敗の逆転を何度もしてきたから、すごく自信があったんだ。

敗者復活戦に進出したTweekはSparg0と対戦し、第1戦では出遅れたものの3-1で勝利し、Pyra/Mythra対決で優位に立っていることを改めて示しました。今回の敗戦で、Sparg0選手がアルティメットメジャーで3位以内に入るのは、Smash Summit 11でLeo選手に敗れた後に続いて2度目となりました。

敗者復活戦では、Tweekが接戦を制して勝利しましたが、Leoはセットを重ねるごとに調子を上げていきました。

次の3ゲームは、いずれもレオがストックを追加して終了し、Tweekが好んで選んだDiddy KongをやめてSephirothを選んだこともありました。これがTweek氏の最後のミスとなり、レオは3ストックの勝利でシリーズを締めくくり、Riptideを獲得しました。

これで上位2名のプレイヤーはそれぞれメジャー大会で優勝し、アルティメット大会が徐々に再開されていきます。LeoとTweekはともに10月のLow Tide Cityに参加することが決まっており、1ヶ月以内にタイブレークが行われる可能性があります。

読む  ワンピース」第1026章の発売日、ネタバレあり。オロチはまだ生きている、カイドウはハイブリッドフォームに戻る