MTGOのスタンダード・チャレンジ・トーナメントでは、MTGの人狼とゾンビが優勢に。

MTGOのスタンダード・チャレンジ・トーナメントでは、MTGの人狼とゾンビが優勢に。 16wHF07 1 1

この週末に開催されたMagic Online Standard Challengeのトーナメントで、グルールのMagic: The Gatheringのデッキがトップ8のうち4つの順位を獲得しました。

イニストラード:真夜中の狩場』(MID)のデジタル版発売と秋のローテーションにより、デジタルMTGのスタンダード・メタが変化し、発売からわずか1週間で狼男やゾンビが上位にランクインしています。週末に開催されたMagic Online Standard Challengeでは、赤と緑のデッキが4つ、単白が1つ、「オルゾフの冒険」と「ディミーアのゾンビ」のデッキが紹介されました。

ここでは、MTGOスタンダード・チャレンジMTG大会のトップ8の順位をご紹介します。

  • 1位:Gruul AggroをプレイするSanpcaster-Bolt選手
  • 2人目:「モノ・グリーン・アグロ」をプレイするベラルディ
  • 3番目:Gruul Aggroをプレイするruin000
  • 4位:Gruul WerewolvesをプレイしているOxyWithMoxyさん
  • 5位:Orzhov VentureをプレイするMagic_Rainbowsさん
  • 6番目:Aardosが「モノ・ホワイト・ブック」をプレイ
  • 7人目:Gruul AggroをプレイするTarmogoyfl234さん
  • 8人目:Dimir Zombiesをプレイするwordy333さん

マジックの新セットが発売されると、アグロ系のデッキが主流になります。

新セットが発売されたMagicでは、アグロ系のデッキが主流となっていますが、「モノレッド・ゴブリン」や「モノブラック」は少し落ちているようです。白単色の《高貴なる行為の書》がトップ8に入りましたが、スタンダード・チャレンジ・トーナメントで最もプレイされたMTGの色は赤と緑でした。プレイされたすべてのデッキのリストは、WotCのサイトに掲載されています。

MIDの発売により、プレインズウォーカーの「レンとセブン」や「無謀なストームシーカー」など、強力なカードが多数登場しました。人狼も豊富で、《ダイア・オーバーロード、トヴォラール》や《群れの希望、アーリン》などが筆頭に挙げられます。ゾンビは、「Champion of the Perished」や「Tainted Adversary」などのカードと、「Infernal Grasp」のような安価な黒の除去で盛り上がりました。Esika’s Chariot」は緑を使った構築では4ドロップのアーティファクトとして依然として人気があり、「Goldspan Dragon」は5ドロップの場所で赤のカードとして支配力を維持しています。

MTG Arena Standard Metagame Challenge」は9月24日から27日まで開催されます。次の大きなトーナメントは、10月8日から10日に開催される「Magic World Championship XXVII」です。

読む  Riot、アルバム発売に先駆け、バーチャルPentakillコンサートをストリーミング配信