Overwatch」のゲームディレクターが次のOWLシーズンの新ヒーローを示唆、続編で32人の全ヒーローが復帰することを確認

Overwatch」のゲームディレクターが次のOWLシーズンの新ヒーローを示唆、続編で32人の全ヒーローが復帰することを確認 385gBeE 1 1

オーバーウォッチ2」のゲームディレクター、アーロン・ケラー氏によると、「オーバーウォッチ・リーグ」の次のシーズンでは、32人のキャラクターすべてが戦いに戻ってきます。

本日行われた「オーバーウォッチ リーグ」グランドファイナルの放送で、ケラー氏は、「オーバーウォッチ」に登場する32人のヒーロー全員が、「オーバーウォッチ 2」の初期ビルドで実施されるOWLの2022年シーズンに戻ってくることを明らかにしました。また、「もう少し」の新顔が登場する可能性を示唆しました。

「私たちの計画では、次のシーズンの『オーバーウォッチ・リーグ』では、これらのヒーローのすべて、つまり32人のヒーローをプレイアブルにする予定です。「

「私たちの計画では、次のシーズンのオーバーウォッチ・リーグで、これらのヒーロー32人全員をプレイアブルにする予定です。

これらのヒーローが誰であるかについての情報はありませんが、次のシーズンのOWLがオーバーウォッチ2の初期ビルドで実行されることは、ケラー氏が示唆したように、4月に大会がキックオフされる際に新キャラクターのいくつかを垣間見る機会となります。

ケラー氏のヒントに加えて、OWLグランドファイナルのハーフタイムエキシビションマッチでは、数名の復帰したヒーローが紹介され、新しいPushマップであるローマをファンに案内しました。また、今回の試合では、先日発表された「Sombra」と「Bastion」のリワークによるプロのゲームプレイを初めて見ることができました。ケラー氏は、既存のヒーローに対するさらなるリワークが控えていると述べましたが、詳細は明らかにしませんでした。

BlizzConline 2019で全貌が明らかになったソヨーンは、『オーバーウォッチ2』の新ヒーローの1人ですが、『オーバーウォッチ・リーグ』の次のシーズンに登場するかどうかはまだ不明です。このカナダ人ヒーローは、『オーバーウォッチ2』の発売時に雪の街トロントに位置する新しいPushマップとともにロスターに加わり、フランチャイズでは初となるレールガンで武装したダメージ重視のヒーローたちを強化することになります。

オーバーウォッチ 2」は、4月に開催されるOWLの次のシーズンで体験することができますが、続編の発売日はまだ決まっていません。

読む  セット6の「Hyper Roll」には、チームプレイが可能な新しいTFTラボが登場