PS5デジタルエディションの軽量化モデルを開発中との報道

PS5デジタルエディションの軽量化モデルを開発中との報道 OGVaUX8 1 1

PS5 Digital Editionのハードウエアが若干変更されていることを示唆する情報が日本の販売店から発表されました。

任天堂は「Switch OLED」を、Valveは「Steam Deck」をそれぞれ発表し、話題を集めています。一方は既存のプラットフォームに別のバリエーションを加えたもので、もう一方はまったく新しいマシンでプレイするものです。しかし、まだ沈黙を守っている間にも、ソニーもまた、ゲーマーのために何かを用意しているようです。

重さを感じさせないデザイン

公開されている「プレイステーション 5」の試作機の新モデルと思われる情報がネット上で話題になっています。モデルナンバーはCFI-1100Bで、オリジナルのCFI-1000Bとは対照的なものです。また、このモデルには、若干の修正が加えられたPDFが添付されています。

TwitterユーザーのNibel氏によると、新モデルは初代モデルよりも約300g軽量化されているとのことです。

TwitterユーザーのNibelさんによると、新モデルはオリジナルよりも300gほど軽くなるそうです。

PDFファイルを見ると、新しい締め具はより頑丈になっているように見えました。重さについては、開発者がどのようにして既存のデザインを切り詰めてこのような偉業を成し遂げたのかは謎です。しかし、より効率的なレイアウトによるオリジナルからの単なる逸脱としか考えられません。

潜在的な意味

PS5 デジタル版の軽量化は、曖昧なトピックであり、賛否両論があると思われます。一方では、持ち運ぶ人の負担が減るという点では良いことだと思います。しかし、そもそもPS5を重さが気になるほど持ち歩く人はいないでしょう。一方で、重さを軽減するために品質を犠牲にしているのではないか、との批判もあります。それは、「物理的な品質が優れているなら、古いデザインの方がいい」という人たちの意見と同じです。しかし、この後者の議論もまた、議論の余地があります。

今回の情報は、ハードウェアの改訂の可能性について、2つの側面から語っているに過ぎません。それ以外の部分にも変更が加えられているかどうかは定かではありません。もし、ソニーがハードウェアに意味のある変更を加えないのであれば、それは必ずしも従来のモデルを上回るものではないでしょう。しかし、純粋なビジネスの観点からは、なぜそのような選択をするのかは、非常に仰々しいことです。

Image used courtesy of PlayStation/YouTube Screenshot

読む  マスターズ3連覇を目指すSentinelsは、NA VCT Challengers PlayoffsでEnvyを破り、ベルリンへの出場権を獲得。