Riot、Leagueのパッチ11.19の詳細なプレビューでRyzeのQのAP比率を下げ、Sorakaの究極のヒーリングをナーフ。

Riot、Leagueのパッチ1119の詳細なプレビューでRyzeのQのAP比率を下げ、Sorakaの究極のヒーリングをナーフ。 qrNjrgoF 1 1

今年最大のLeague of Legendsイベントの開幕を間近に控え、Riot Gamesは2021年の世界大会で各チームがプレイするアップデートであるパッチ11.19の詳細な変更リストをついに公開しました。

ノートの中で、Riotのリード・ゲームプレイ・デザイナーであるJeevun Jag Sidhu氏は、今回ナーフの対象となっているチャンピオンについて言及しており、VarusやSonaに比べてハンマダウンの矛先が向いているRyze、Soraka、Kennenなどが挙げられています。

Ryzeは、Overload能力が5%減少し、Spell Flux能力のクールダウンが0.25秒増加します。特にWorlds 2021に参加するトップミッドレーナーの中では、このダメージナーフはRune Mageをメタから完全に押し出すものではありませんが、トレードや敵チャンピオンのバーストダウンの能力に悪影響を与えます。

一方、Sorakaは彼女のアルティメットであるWishに大幅な弱体化を受けます。

一方、Sorakaの究極の武器であるWishには、大きな変更が加えられます。レベル1のヒールは150から130に下げられていますが、これは悪くありません。しかし、最高ランクの究極のヒールは350から300に下げられています。ソラカがプロのハイレベルなプレイで活躍しているのはあまり見たことがありませんが。

同じように、Kennenもトップリーグのプロの間では優先的に選ばれていません。

同様に、Kennenもトップリーグでは優先的にピックされていませんが、Thundering Shurikenのダメージが大幅に減少し、レベルが上がるごとに基本ダメージが10減少し、ボーナスAPダメージが5減少します。

プロのADキャリーの中でのVarusの優位性を愛してきた人にとっては、心配する必要はありません。彼のキットで変更されるのは、最大レベルでのQのクールダウンに2秒のナーフがあるだけです。しかし、これは Arrow of Retribution にとって世界を変えるほどのものではなく、大会でのプレイ率にも影響しないでしょう。

Worlds 2021は来月、10月5日(火)に開幕します。

読む  ワン・パンチ・マン」第147章の発売日、ネタバレあり。レガッタ、ジェノスはガロウに立ち向かえるか?