Riotがリーグの最終的なWorldsアップデートでFizzのパッチ11.18の変更を完全に元に戻すと発表

Riotがリーグの最終的なWorldsアップデートでFizzのパッチ1118の変更を完全に元に戻すと発表 yMnL94U 1 1

Fizzはパッチ11.18の変更で水を得た魚のような気分になったようです。

League of LegendsのリードゲームデザイナーであるJeevun Jag Sidhu氏は本日、パッチ11.19のプレビューを発表し、2021年のワールドチャンピオンシップに向けた最終的なバランス変更の詳細を明らかにしました。ミッドレーナーのFizzはパッチ11.18で高ランクで有利になるように大幅な調整が行われましたが、Riotは次のアップデートでその変更を元に戻す予定です。

パッチ11.18のノートによると、Fizzのパワーの多くはChum the Watersという究極の技に由来していますが、これは「熟練者のプレイでは一貫性がない」とのことです。高ランクのプレイヤーは低ランクのプレイヤーよりも簡単にこの能力をかわすことができるため、Fizzの優位性は梯子を登るにつれて低下していくように見えます。この問題を解決するために、RiotはTidal Tricksterのアルティメットからダメージを取り除き、Seastone Trident (W)のヒット時のダメージを増加させ、基本攻撃に対するパッシブなダメージ軽減を増加させました。

このバランス変更は、アサシンのアーリーゲームを改善し、レーンでの生存率を向上させることが期待されていました。また、RiotはFizzの全体的な勝率が下がることを想定していましたが、その過程で彼のMMRスキューが「均等化」されるとSidhu氏は述べています。その結果、MMRが「悪化」し、パッチ11.18の変更を完全に撤回することになりました。

しかし、Playful Trickster (E) は、高レベルでわずかなバフを受けています。このアビリティのクールダウンは、16秒から10秒に変更され、16秒から8秒になります。

Worlds 2021は今年の秋、10月5日に開幕します。チームはパッチ11.19でプレイすることになりますので、2週間ほどバランス変更の練習をすることになります。

読む  バトルフィールド6」は来週、正式に公開されます!