Riotは2021年のLeague of Legends World Championshipがヨーロッパに移ることを確認しました。

Riotは2021年のLeague of Legends World Championshipがヨーロッパに移ることを確認しました。 tEFONtXXw 1 1

2021年のLeague of Legends World Championshipが中国からヨーロッパに変更されたことを、Riot Gamesのグローバルesports責任者であるジョン・ニーダム氏が本日正式に発表しました。

ヨーロッパのどこで開催されるかはまだ発表できませんが、場所を選ぶ際には「最も多くのチームとそのベストプレイヤーにとってのアクセスの良さ」が最優先されるとのことです。Needham氏によると、これはRiotが開催国の変更を余儀なくされた理由の一つだそうです。

Delta variantでは、旅行制限とCOVIDプロトコルが、2020年よりも2021年の方がさらに複雑になってしまいました とニーダム氏は語ります。「残念ながら、今年のWorldsに予選通過チームとそのベストプレイヤーが参加できることを保証するのは非常に困難な状況になってしまいました。その結果、世界大会の開催地を中国からヨーロッパに変更するという厳しい決断を下しました」と述べています。

Riotは、Worldsをヨーロッパに移すことで、より多くのチームとそのベストプレイヤーに大会に参加するチャンスを与えることができると考えています。Needham氏によると、今後数週間のうちに開催地に関する詳しい情報が明らかになるとのことで、世界中の多くのファンが心待ちにしていることでしょう。

Upcomerの報道によると、先週の時点でLCSチームは中国に入国するためのビザの確保に追われていました。

Upcomerの報道によると、先週の時点で、LCSのチームは中国に入国するためのビザの確保に苦労していました。2021年のWorldsの開催地について、Riotがいつ発表するかは不明ですが、特にイベント開催までの期間がおよそ1ヶ月しかないことを考えると、今後の動向が気になるところです。

読む  Smash Mouthの「All Star」がRocket Leagueのプレイヤーアンセムとして300クレジットで購入できるようになりました。