The French Dispatch』は実話に基づいているのか?

The French Dispatch』は実話に基づいているのか? NSMOtiG 1 1

The French Dispatch」は、アメリカの新聞社のフランス支社で働くジャーナリストたちを描いた作品です。独特の気まぐれなスタイルで作られたこの映画は、多彩なキャラクターと、どこかで聞いたことのあるような興味深い話の数々を組み合わせています。第2次世界大戦後の設定や、学生の抗議活動などのイベントへの言及は、映画の中心となる誇張された個性とは対照的です。では、「The French Dispatch」は実話に基づいているのだろうか?それとも、特別にカラフルな心を持った人が作ったフィクションなのか?それを確かめてみましょう。

The French Dispatch』は実話に基づいているのか?

いいえ、「The French Dispatch」は実話に基づいていません。この作品は、代表的な映画監督であるウェス・アンダーソンが監督と脚本を担当し、彼の特徴であるストイックなコメディースタイルを表現しています。監督は、この作品を「ジャーナリストへのラブレター」と表現し、雑誌「ニューヨーカー」の熱心なファンであったことからインスピレーションを得ています。本作の舞台となるフランスの都市「アンニュイ・シュル・ブラゼ」は、同名の雑誌と同様に架空の都市です。実際、この架空の都市の名前は、直訳すると Boredom-on-Blasé となります。

GC23Mwd3MXkluwp LmOwh151 2 4
1925年に週刊誌として創刊されたニューヨーカー誌は、アンダーソン氏が10代の頃から愛読していると言われています。アンダーソンは、10代の頃からニューヨーカーのファンだったと言われています。アンダーソンは、1940年代に発行されたニューヨーカーの膨大なコレクションを収集しており、ニューヨーカーに関連する現実の出来事や人物を映画に登場させています。これにより、架空の設定にリアリズムが加わり、物語がより親しみやすいものになっています。

本作では、架空の同名出版物に掲載された物語を集め、その一部を実写化しています。その中でも、学生の抗議活動を描いたものは、2部構成の記事「The Events in May」からヒントを得ています。1968年に『ニューヨーカー』誌に掲載されたメイビス・ギャランの「The Events in May: A Paris Notebook」という2部構成の記事がヒントになっています。また、エイドリアン・ブロディが演じる美術商ジュリアン・カダジオの物語も、1951年にS.N.ベーアマンが6回に分けて掲載したデューヴン卿のプロフィールからヒントを得ています。

さらに、映画のモチーフとなった雑誌に焦点を当ててみると、アーサー・ハウザー・ジュニア(ビル・マーレイ)のキャラクターは、最初の妻ジェーン・グラントと共同で『ニューヨーカー』誌を創刊し、死ぬまで編集長を務めたハロルド・ロスがモデルとなっているようです。興味深いのは、第一次世界大戦中にアメリカ陸軍に入隊したロスが、パリの軍事新聞「星条旗」に寄稿していた際にジェーンと出会ったことである。その後、二人は『ニューヨーカー』誌を創刊したことを考えると、アンダーソン監督の本作は、同誌のルーツであるフランスにも敬意を表しているように思えます。また、オーウェン・ウィルソンが演じる Herbsaint Sazerac は、『ニューヨーカー』誌のライター、ジョセフ・ミッチェルをモデルにしているようです。

結局のところ、この映画は、世界で最も有名な雑誌のひとつである『ニューヨーカー』と、その背後にいる人々からインスピレーションを得たフィクションです。ニューヨーカー』誌の豊かな歴史を考えれば、この気まぐれな映画が、フィクションの物語に折り込むのに適した実話を見つけ出すことができることは容易に想像できます。アンダーソン監督は本作を、自分の書きたいことを書くために戦う一人のジャーナリストの姿を描いていると述べています。監督は、フィクションであるにもかかわらず、記者についての映画は、必ず(ある程度)現実の世界について語るものだと説明していますが、『The French Dispatch』は、その特徴である気まぐれな空気を保ちながら、まさにそれを実現しています。

読む  ジョディ・サンダーホルム殺人事件 ジャスティン・サーバーは今どこにいる?