TNC Predator、9月15日にDota 2の全ロスターを公開することを発表

TNC Predator、9月15日にDota 2の全ロスターを公開することを発表 oa9Js5T 1 1

TNC Predatorは、Dota 2大会への出場を長期的に休止することを発表してから2ヶ月弱が経過しましたが、このたび、現在のロスターから移行することが確定しました。

この発表は本日未明に行われたもので、TNCは社内での話し合いを重ねた結果、現在所属している5人の選手全員を放出する準備をしていることを発表しました。

当初、TNCは今回の活動休止を、The International 10が終了した後に始まる次のメジャー大会に向けて練習を再開する前に、選手たちが「充電と再編成」を行うためのものと位置づけていました。しかし、TIへの出場権を得ることができなかったことで、TNCは思い切った行動に出たようです。

選手にとっては、TI10終了後の10月に行われるシャッフルシーズンに向けて、独立したロスターとしてプレーを続ける機会が与えられることになりました。あるいは、今後数週間から数ヶ月の間、試合を休んで練習したり、他の組織との交渉に入ったりすることも可能です。

TNCが正式に発表する際に公開される全ロスターはこちらです。

<br

  • ギャビー
  • アルメル
  • ジュン ボク カネハラ
  • ティモシー・ティムス・ランドロップ
  • マービン・ブーリー・ラシュトン

BokとBoomyは、2021年のDota Pro Circuitの第2シーズンにTNCに参加しただけなので、フリーエージェント市場では目新しい存在ではありません。

本当の変化は、TNCがGabbi、Armel、Timsと決別したときに起こります。3人の選手は2018年からほぼTNCでプレーしており、ティムスは2016年12月から所属しています。

TNCは、「特にティムス、アメル、ギャビとは、この3~4年はかなりの旅でした。TNCはこの間、いくつもの壁を破り、多くの障害を乗り越えてきました。このような才能ある選手が、世界規模でのフィリピンesportsの成長を先導してくれたことに感謝しています。

この移籍が正式に決定するのは9月15日で、チームのFacebookページでは、TNC組織のメンバーへの「独占」インタビューが配信される予定です。このインタビューでは、今回の決定の背景にある具体的な理由や、Dota 2部門の今後の動きについても言及されるようです。

読む  KOF 15」トレーラーではチーム・シークレット・エージェントのヴァネッサを紹介