Twitch、ボットとヘイトレイドの懸念に対応、対策のためのアップデートと改善を開始予定

Twitch、ボットとヘイトレイドの懸念に対応、対策のためのアップデートと改善を開始予定 e1Zawrq 1 1

ここ数日、Twitchにおいて、フォローボッティング、チャットボット、ユーザーが他のクリエイターを憎悪の念を持って襲撃するなどのハラスメント行為を報告するストリーマーが急増しています。これを受けて、Twitchは、このような事態が今後もストリーマーに影響を与えないようにするためのアップデートを行いました。

Twitchは当初、プラットフォームのプロアクティブフィルターが悪用されやすい領域を特定できたと述べていました。ストリーマーのチャットにおけるヘイトスピーチをより適切に検出するためのアップデートがすでに実施されています。

さらに、開発者は、チャンネルレベルでの禁止回避の検出とアカウント検証の改善を、今年の後半のある時点で最終的に開始することに取り組んでいます。

禁止回避は、以前からTwitchで話題になっていました。有害、憎悪、または否定的な態度をとる個人をクリエイターがチャットから禁止しても、同じユーザーが別のアカウントを作って悪い行動を続けるというものです。このような事態を避けるための改善は、おそらくアカウント認証の変更に結びつくものと思われますが、Twitchは具体的な内容については言及しませんでした。

ヘイト レイドについては、ヘイトスピーチ検出のアップデートにより、Twitch が防止するためのより良い方法を見つけるまで、問題を軽減することができます。憎悪に満ちた有害なレイドを組織したユーザーには、通常、警告が与えられるか、あるいは完全に禁止されています。しかし、ランダムなアカウントが憎悪に満ちたメッセージをチャットでスパムしたり、禁止された後に新しいアカウントを作成して続けたりするのを止めることはできません。

今のところ、Twitchのサポートは、憎悪的なユーザー、スパム、その他の問題に悩まされているユーザーに、「Managing Harassment」ページを案内しています。

読む  プロのVALORANTがBLAST Spike Nationsでデビューし、KennySが40キルを達成