Valve社がスタンドアロンのVRヘッドセットを静かに開発中

Valve社がスタンドアロンのVRヘッドセットを静かに開発中 gEmzDR 1 1

最新のニュースによると、Valve社は、Facebook社のOculus Questヘッドセットのラインナップに似たスタンドアローンデザインの第2のVRヘッドセットを開発している可能性があります。この新しいヘッドセットは、YouTuberのBrad Lynch氏によって明るみに出ました。ブラッド・リンチは、Valve社のSteamVRコードの中に、「Deckard」というコードネームのデバイスに関する複数の記述を発見しました。このYouTuberは、ValveのSteamVRコードの中に「Deckard」というコードネームのデバイスが含まれていることを発見し、Valveが最近申請した特許と照らし合わせました。

Ars Technicaは、Lynch氏の調査結果のほとんどが正確であり、Valve社は2つ目のヘッドセットのプロトタイプを開発中であることを確認しました。この新しいヘッドセットにはプロセッサが内蔵されており、ケーブルでPCに繋がなくても動作するようになっています。

スタンドアロン型ヘッドセットの報告は、AMDのセミカスタムプロセッサで動作するValveのハンドヘルド型コンソール「Steam Deck」の発表を踏まえて興味深いものです。ValveのFAQセクションでは、現在のコンソールがVRに最適化されていないことが明らかにされています。

最近のSteam Deckのインタビューで、ValveのGreg Coomer氏は、AMDプロセッサをVRヘッドセットで使用することについてはまだ何も言えませんが、その環境では必要なTDPでうまく動作するでしょう。と述べていますが、これは我々と我々の将来の計画に非常に関連しています。

なお、Valve社が社内で開発したものが、市販されることを保証するものではありません。しかし、同社はすでに1つのVRヘッドセットをリリースしているので、同社が独自のスタンドアロン型ハンドヘルドコンソールを商業的にリリースする可能性は十分にあります。

読む  ズームがFive9を買収することはない