VCSはWorlds 2021を諦めておらず、Riotと協力して渡航制限の解決策を模索しているとのことです。

VCSはWorlds 2021を諦めておらず、Riotと協力して渡航制限の解決策を模索しているとのことです。 EBNRaq 1 1

TheThaoの報道によると、VCSチームのGAM Esportsは、2021年のLeague of Legends World Championshipでのベトナムの苦境に対する解決策を見つけるために、Riot Gamesと緊密に協力しているとのことです。

同地域を代表するトップチームであるGAM EsportsとSaigon Buffalo Esportsは、アイスランドへの渡航に必要なビザの取得が間に合わず、「渡航制限」を理由に年末のイベントへの参加を断念していました。

しかし、この数週間、GAMはシンガポールのRiotチームとメールでやり取りをし、この制限を回避する方法を模索していたとのことです。

GAMのリーダーシップは、アイスランドとのつながりを「利用」して、アイスランド政府から「公式文書」を入手し、解決策を交渉していると報じられています(ベトナムのesportsレポーター、Dat Nguyen氏による翻訳)。

orgは、Riot Gamesのグローバルesports担当社長であるJohn Needham氏の署名入り招待状と経費の出資レターの入手にも意欲的です。これらの費用には、ホーチミンからレイキャビクまでの往復航空券、旅行によって発生する法的費用、国内滞在期間中の健康・安全保険などが含まれます。

関連記事 VCS、ビザ問題とCOVIDが原因で2021年のWorldsに参加しないと報じられる

「ベトナムの影響力を世界に広めるために、ハッシュタグ#BringVCStoWORLDSを作ることをコミュニティに呼びかけています」とNguyenはソーシャルメディアに投稿しました。

2021年の世界選手権は、10月5日から11月6日まで、アイスランド、レイキャビクのラウガルダルショル屋内スポーティングアリーナで開催される見込みです。VCSがこのイベントに参加できるかどうかはまだわかりません。

読む  カート・コバーンは君を笑っているよ、デイブ」。フー・ファイターズのコンサートに反ワクチンの抗議が殺到