VCTマスターズベルリン大会でEnvyがVivo Keydを2-0で破って優勝

VCTマスターズベルリン大会でEnvyがVivo Keydを20で破って優勝 l4a6NC7 1 1

VALORANT Champions Tour Masters Berlinで行われた「Vivo Keyd」は、「Envy」に苦戦を強いられましたが、2-0で北米勢に敗れました。

Envyは開幕マップ「Icebox」で7-1のビハインドを負いました。その後、延長戦に突入し、15-13で勝利しました。その7-1のスコアラインで、Austin crashies Roberts選手が、これまでVCT Masters Berlinでファンが見てきた中で、最もメカニック的に印象的なプレイをしました。

Sheriffを使って4人のVivo Keydプレイヤーをノックアウトした後、crashiesはVandalを見つけました。Jonathan JhoW Glória選手はRezを出し、最後の2人の敵がcrashies選手に並び、crashies選手はその2人を倒してこのラウンドを終えました。このクラッチがこのマップのターニングポイントとなり、その瞬間からEnvyは自分たちらしいプレイを取り戻しました。

EnvyはBind 13-9で勝利し、試合を制しましたが、Vivo Keydのカムバックの試みに耐えた後ではありませんでした。

EnvyはBindを13-9で制して試合を制しましたが、Vivo Keydの逆転を許してしまい、残念ながらベストオブ3への進出を果たすことができませんでした。

しかし、Vivo Keydの世界が崩壊したわけではありません。Olavo Heat Marcelo選手は、2つのマップで50キル以上を達成し、14回のファーストキルに対して、3回のファーストデスを達成するなど、印象的な活躍を見せました。トーナメントで生き残るためには戦いが必要ですが、他のチームが敗者復活戦に敗れた時ほど、彼らの状況は悲惨ではありません。Vivo Keydは、9月14日にKRU EsportsとZETA DIVISIONの敗者と対戦します。

Envyはウィナーズブラケットに進み、9月13日にKRU EsportsとZETA DIVISIONの試合の勝者と対戦します。

読む  ポーランドのサッカーチームWisła Krakówがesports事業を拡大、Dota 2チームと契約