VCT Masters Berlinでは、Vision StrikersのMaKoとGambitのChronicleが最高のKDAを記録しました。

VCT Masters Berlinでは、Vision 7w97jNKEl 1 1

VCT Masters Berlinでは、多くのプレイヤーが素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。しかし、キル数、デス数、アシスト数では、Vision StrikersのKim MaKo Myeong-kwan GambitのTimofey Chronicle Khromovがトップに立ちました。

KDA(キル数とアシスト数の比率)は、大会でのベストプレイヤーを決定する上で、必ずしも最も正確な指標ではありませんが、プレイヤー個人のパフォーマンスを評価する上では有効な手段です。

esportsの百科事典であるliquipedia.netによると、MaKo選手は大会期間中に103キル、81デス、59アシストを記録し、2KDAの大台に乗りました。これは、MaKoが7つのマップをプレイしたときの平均キル数14.7、アシスト数8.4に相当します。

MaKo氏はAstraとViperのコントローラーを好んで使用し、Vision Strikersをベルリン・マスターズの準々決勝に導きましたが、チームは最善の努力を尽くしたにもかかわらず、最終的に優勝したチームに敗れました。

GambitはMasters Berlinでほぼ完璧な成績を収め、EMEAのチャンピオンにはほとんど関係のない試合でNAの100 Thievesに敗れただけでした。チームの中ではChronicleとnAtsの2人が目立っていました。しかし、KDA はわずかな差で Chronicle が上回っていました。

Chronicle選手は今大会、245キル、182デス、112アシストを記録しました。KDAは1.96で、1マップあたりの平均キル数は16.3、アシスト数は7.4となっています。チームメイトのnAtsは1.87KDAを記録しました。

Chronicle選手は、今大会で最もダイナミックなプレイヤーの一人として、15のマップでイニシエーターエージェントのSovaとコントローラーエージェントのViperとBrimstoneを選択しました。

MaKo選手とChronicle選手は、ともに「チャンピオンズ」への出場権を獲得し、12月に開催される「世界チャンピオン」の座をかけて戦います。マスターズ・ベルリンで優勝したガンビットは、年末のイベントで注目されるチームとなるでしょう。

読む  レッドブル、9つのマジック:ザ・ギャザリング アンタップド トーナメントを公開