VCT Masters BerlinでZETA DIVISIONがKRÜ Esportsに綱引きのような試合で敗れる

VCT Masters BerlinでZETA DIVISIONがKRU Esportsに綱引きのような試合で敗れる gURMxyz84 1 1

最初のマップの前半でストンプのような状況になったとき、KRÜ Esportsは、マップ3で終わったタイトなVALORANTの試合で勝利を引き寄せ、今日のVCT Masters Berlinのエキサイティングな1日の始まりとなりました。

最初のマップはKRÜ Esportsに有利な展開となりました。前半のAscentを終えた時点で11-1という驚異的なスコアを記録し、キャスターたちも「分析には後半のマップよりも時間がかかる」と冗談を言っていたのですが、ZETA DIVISIONが目を覚まし、ラウンドを取り始めました。しかし、ZETA DIVISIONが目覚め、ラウンド数を増やしていったため、ZETAは最後まで戦い抜くことができず、最初のマップをKRÜに譲ることになりました。

最初のマップで目立ったプレイは、Nicolas Klaus Ferrariがラウンド8でZETAのメンバー3人をマップから削除したことです。

第2マップでは、チームはスプリットに移動し、試合は本格的にヒートアップしていきました。Ryu Reita Oshiroは、何度もクラッチを切りそうになりながら、何人もの敵を倒し、敗退しました。竹森 takej 省吾と牛田 Laz 浩二は、Splitで22キル、20キルと圧倒的な強さを見せつけました。

ZETAは、スプリットの前半では5ラウンドしか連続してキルできず、マップ2で決定的な勝利を収めました。後半に入ると、ZETAはKRÜに1ラウンドも与えず、ゲームをマップ3に移行させ、どちらが浮いているか、どちらが沈んでいるかを決定し、決戦に臨みました。

最終マップは、多くの人が予想していたほどの接戦にはなりませんでしたが、前の2つのマップよりも一進一退の攻防が続きました。ハーフタイムでは、7-4でKRÜが勝利しました。後半、ZETAに2ラウンド取られたものの、13-7でKRÜが勝利し、優勝決定戦へと駒を進めました。

この試合の最後のマップでは、Juan Pablo NagZ Lopez選手が最後の1ラウンドでキルするという、制作チームの粋な計らいもありました。制作はステージ上のシーンに切り替わり、新しいZeddのスキンエフェクトが映し出され、出演者や視聴者を沸かせました。

明日、KRÜは北米チームであるEnvyを相手に戦うことになります。Angelo keznit Moriは試合後のインタビューで「地域を代表したいので、他のチームと同じようにEnvyに注目しています」と語った。EnvyはVivo Keydとの試合に2-0で勝利し、勝者の試合に駒を進めましたが、KRÜ Esportsが相手側にいることはわかっています。

読む  TFTパッチ11.18のプレビューでは、わずか6つの大きなバランス変更が見られます。