Windows 11は発売時にAndroidアプリをサポートしない

Windows 11は発売時にAndroidアプリをサポートしない wl9q26 1 1

最新のニュースによると、マイクロソフトはWindows 11上でのAndroidアプリのサポートを、10月に予定されているOSの発売に間に合わせることはないようです。Windows 11 上で動作するアンドロイド アプリなどの機能については、発売後にプレビューを開始するとのことです。

マイクロソフトのWindowsマーケティング担当ゼネラルマネージャーであるアーロン・ウッドマン氏は、「AmazonとIntelとのコラボレーションを通じて、Windows 11とMicrosoft StoreにAndroidアプリを導入するための旅を続けることを楽しみにしています」と述べています。

簡単に言うと、AndroidアプリがWindows 11に搭載されるのは2022年になるということです。なぜなら、マイクロソフトはこの機能を一般に公開する前に、まずWindows Insidersでテストするつもりだからです。これには数ヶ月かかると予想されています。なお、Androidアプリはリリース初日には登場しませんが、Windows 11には約束通りMicrosoft Teamsの統合機能が搭載されます。また、スタートメニュー、スナップレイアウト、グループ、デスクトップが刷新され、マルチタスク機能が強化されています。

本日、マイクロソフト社は、Windows 11を10月5日にリリースし、対象となるWindows 10 PCには無償でアップグレードできることを発表しました。

読む  ブラッド・スミス:秘密の召喚令状は米国のハイテク企業を傷つける