Withingsは心電図と血中酸素の機能についてFDAの認可を受けています。

Withingsは心電図と血中酸素の機能についてFDAの認可を受けています。 asxW3H 1 3

最後に、Withings社は、心電図機能で心臓の異常リズムをモニターするScanWatchで、米国食品医薬品局(FDA)の認可を取得しました。ScanWatch」は、心電図機能により心臓の異常を監視し、血中酸素センサーにより夜間の呼吸問題を警告します。現在、欧州では販売されていますが、米国では販売されていません。この2つの健康機能について、FDA(米国食品医薬品局)の承認を得た初めてのスマートウォッチです。

Apple、Fitbit、Samsungのいずれも、血中酸素濃度を検出していますが、これまでのところ、その情報を使って何らかの病状を検出していると主張しているものはなく、したがって、クリアランスを必要としませんでした。

一方、Withings社は、血中酸素濃度、心拍数、動作の組み合わせにより、夜間の呼吸問題を警告することができると主張しています。同社は声明の中で、これらの呼吸問題は慢性閉塞性肺疾患や睡眠問題の兆候である可能性があると述べています。

Withingsは心電図と血中酸素の機能についてFDAの認可を受けています。 mw8DkZ7O 2 6

現在、他のスマートウォッチ企業も、さまざまな睡眠時無呼吸症候群の機能を試しています。例えば、Fitbit社は同様の機能を開発しており、Apple社もApple Watchの睡眠と血中酸素の機能を開発していると言われています。

睡眠の専門家は、ほとんどの場合診断されない睡眠時無呼吸症候群のような状態の検出にスマートウォッチが役立つ可能性があることに期待しています。

しかしながら、スマートウォッチは、医師が診断に使用するいくつかの測定項目しか追跡できない可能性があるため、North Dakota Center for SleepのメディカルディレクターであるSeema Khosla氏のような専門家は、最初のスクリーニングとしてより有用であると考えています。Withings社によると、ScanWatchは11月初旬までに米国で発売される予定です。

読む  HP、オールインワン・デスクトップの新製品3機種を発表