Xiaomi、iOSライクなウィジェットを搭載した「MIUI 12.5 Enhanced Edition」を発表

Xiaomi、iOSライクなウィジェットを搭載した「MIUI 125 Enhanced Edition」を発表 Bhm1whIZt 1 1

最新のニュースによると、XiaomiはMi MIX 4の発表会でMIUI 12.5 Enhanced Editionを発表しました。カンファレンスで同社は、MIUIの新バージョンは何の機能ももたらさず、最適化にのみ焦点を当てていると述べています。今回のアップデートでは、iOSのような新しいウィジェットシステムを静かに導入したようです。

Xiaomiは最近、中国でiOSにインスパイアされたウィジェットシステムをテストしています。Xiaomiui (1, 2, 3)によると、この新機能は、App Vault (V5.0.56)とMIUI Gallery (V2.2.21)の最新のベータ版で有効になっているとのことです。なお、これらのバージョンのアプリケーションは、Android 11をベースとしたMIUIのベータ版を搭載した端末にのみインストール可能となっています。

このことから、この機能はMIUI 12.5 Enhanced Editionの一部であると考えられますが、通常のMIUI 12.5ベータ版を搭載したデバイスを使用するユーザーも楽しむことができます。なお、登録は8月27日までとなっています。

公式発表によると、ユーザーは2×2、4×2、4×4、2×3のサイズのウィジェットをホーム画面に配置できるようになりました。また、Xiaomiは新しい「Widget Store」を導入し、ユーザーが好きなウィジェットを画面上の任意の場所にドラッグ&ドロップできるようにしました。また、Xiaomiはこの新機能を利用するために、新しいシステムアプリのウィジェットを導入しました。

Xiaomiによると、新しいMIUIウィジェットシステムのテストは、8月17日から10月20日まで行われる予定です。

Xiaomiによると、新しいMIUIウィジェットシステムは、8月17日から10月20日までテストされます。しかし、ウィジェットが復活していることは興味深いことです。Android 12では、GoogleがAndroidの中核となるウィジェットシステムを刷新したことが注目されています。

読む  数十の州がアプリストアの手数料でGoogleを提訴