Zygnus EsportsがCoD: Mobile World Championship 2021のLATAMプレーオフで優勝しました。

Zygnus EsportsがCoD Mobile World Championship 2021のLATAMプレーオフで優勝しました。 nRieP 1 1

ラテンアメリカ(LATAM)地域のZygnus Esports、Skade、FullHouse Gamingは、昨日行われた地域プレーオフでトップ3に入り、「2021 Call of Duty: Mobile World Championship Finals」への出場権を獲得しました。

Zygnus Esportsはオンラインプレイオフで優勝し、賞金総額$50,000のうち$15,000を獲得しました。しかし、チームにとっては簡単なことではありませんでした。準決勝ではFullHouse Gamingとの激しい試合で3対2で敗れ、敗者復活戦にまわってしまいました。

しかし、チームは挫折することなく、次の2試合ではLoops EsportsとGODSENTにそれぞれ3-1、3-2で勝利し、下位ブラケットの決勝戦に進出しました。ここでは、再びFullHouseとの対戦となりました。しかし今回は、ハードポイント、サーチ&デストロイ、ドミネーションの各ゲームモードで快勝し、Zygnusが3-0でシリーズを制しました。

決勝戦では、プレーオフで上位入賞を果たし、一度も負けていないSkadeと対戦しました。Zygnusは、プレーオフを勝ち抜くためには、2つのシリーズに連勝しなければならないという別の課題も抱えていました。CoD: Mobile World Championshipのルールでは、敗者復活戦のチームが、決勝戦で2つのシリーズに勝利しなければタイトルを獲得できません。彼らは最初のシリーズを3-1で勝利し、その後も3-0で勝利を収めました。

関連記事 SCARZ、日本プレーオフを制してCoD: Mobile World Championship 2021 Finalsの出場権を獲得

Liquipediaによると、「CoD: Mobile World Championship 2021」の決勝戦は12月に行われます。世界中から集まった16のチームが、世界チャンピオンの称号と200万ドルの賞金プールの分け前を求めて、この大会に出場します。

読む  バイオハザード」ファンがゲーム全体をUnreal Engineの一人称視点でリメイク